歯科定期検診が必要な理由とは

歯周病と関係している全身疾患について

歯周病は、全身の実に様々な器官に影響を及ぼすとても怖い病気です。
代表的なものは「糖尿病」との関係性が挙げられます。
歯周病菌と言われる菌が歯茎から体内に侵入すると、歯周病菌が出す毒素が、血糖値を下げるインスリンの働きを邪魔して糖尿病の症状を悪化させると言われています。逆に、糖尿病の治療を行うと、歯周病の症状も軽くなると言われているのです。その関係性は歴然としています。
歯周病菌は歯と歯茎の境目に入り込み、歯周ポケットを形成します。これが形成されると、徐々に歯肉が腫れ、最終的には歯槽骨と呼ばれる骨を破壊してしまいます。
歯を支えている骨が溶けてきてしまう為、歯は次第にグラグラしてきてしまい、最終的には抜け落ちてしまうことになります。

歯周病を予防するには

歯周病は歯茎が腫れだし歯がグラグラしてきて初めて痛みが出始めることが多いのですが、ここまでくると正直なところ手の施しようがなく、抜歯するより他に痛みを取り除く方法はないでしょう。
そして抜歯をしてしまえば、その後何らかの処置をしなければなりません。そのままにしておけば、噛み合わせなどに不都合が生じ、体に不具合が生じることになります。
いつまでも自分の歯で食事が出来た方が心身ともに健康な生活を送れるので、歯周病が進行しないようにする為にはどうしたら良いのでしょうか。
歯周病を予防するには、虫歯予防と同じく、正しい歯磨きをすることが一番の方法になります。そんな簡単なこと?と思うかもしれませんが、正しい歯磨きをするということはそんなに簡単なことではありません。時には専門家の力を借りて、歯周病予防に正しい歯磨きを学んでいきましょう。その為に必要なのが、歯科定期検診ではないでしょうか。