噛み合わせが全身に及ぼす影響

歯並びが良くないと虫歯や歯周病リスクも

歯並びが少々良くなくても、そんなにまじまじと顔を見られるわけでもないし問題ないだろう、と考える方もおられるかもしれません。
しかし、事はそれ程単純なものでもないのです。
歯並びが良くないということは、歯が重なり合って生えていたり、少し違う場所から生えてきていることがほとんどではないかと思われます。
そういう風に生えている歯を全て綺麗に磨くというのは中々至難の技になります。重なり合っているところはフロスを入れても綺麗に取れないこともありますし、違う場所から生えてきていれば、また磨きづらいことこの上ないと思います。
ということは、磨き残しも多くなり、磨き残しが多ければ、歯垢を取り除くことは難しく、やがては歯石になり虫歯や歯周病の原因となるでしょう。

噛み合わせの悪さは頭痛や肩こりの原因に

歯並びが悪いと噛み合わせも悪いことがほとんどだと思います。
そして実は自分の噛み合わせが良くないということに気付いていないという方も多いのです。
見た目にも明らかに歯並びが良くなく、噛み合わせも良くないという方は普段の生活にも支障が出ることが多いので嫌でも気付くかと思いますが、普段の生活にも支障がない方は中々気付きにくいものです。
そうした噛み合わせの影響は、顎関節にまで及び、それが原因で頭痛や肩こりに悩まされる方も少なくありません。整体に通ったり、ストレッチなどの体操でそうした症状を改善しようとしていても中々良くならない場合は、歯科医院で噛み合わせの状態を診てもらうと良いかもしれません。
噛み合わせが原因で様々な体の不調を感じることは珍しいことではないので、原因不明の痛みや辛さがあるようなら、一度噛み合わせをチェックしてもらい、必要なら歯列矯正を受けられることをお勧めします。